2007年12月22日

届出

昨日、仕事をお休みして離婚届を提出してきました。

ここで踏ん切りをつけてからの動きは早かったけれど、思えばココ何年も否定はし続けてきたけど、頭の片隅にそんな選択肢はあったし、いろんな感情の狭間で悩み続けてきた。

初志貫徹できなかったのは無念だけど、今はいろんな葛藤から解放され、精神的に楽になれるという安堵感もある。

今は一緒に過ごした10年がぽっかりとした穴のようにも感じられるけど、それを含めて今の自分だし、そこで学んだことを忘れないように生きていきたいと思います。

余談ですが、ここ4、5年辛い思い出がよみがえって聞けなかったB’zが聞けるようになりました。
妙に聞きたくなって流してみたら全然大丈夫でした。
・・・でも、古いのしかないんだな。(笑)




posted by Umi at 12:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

おかあさんへ

手続きの関係上、そうくんが忙しいので郵送でわたしがご実家へ連絡を取ることになりました。
今は泣いてしまって励ませそうにないから・・・とのことで直接会って話すことができないのですが、一緒に陶芸をしたり、キルトや編み物をしたり、旅行したり、お料理をしたり・・・、自分の親よりもある意味趣味の合う大好きなお母さんあてに手紙を添えました。

******************
おかあさん、しばらくお会いしていませんがお変わりないでしょうか?
この度はこんなことになって本当にごめんなさい。
この期に及んでも、おかあさん、おとうさんのことは大好きだし、そうくんのことも決して憎んだりはしていません。
ましてや結婚したことを後悔もしていません。

おかあさんが、おばあちゃんが亡くなったとき「やっと闘いが終わったね」って言ったって聞いたけど、何となくそれに近い感じです。

おかあさん、おとうさんには大変可愛がってもらい、大事にしていただいたし、特におかあさんには人間として、女性として生きていく上で必要な多くの教えをいただいたこと、心から感謝してます。

もう少しだけ時間が経って、お互いに安らかな気持ちで会えるようになったら、直接お礼を伝えたいと心から思っています。

(中略)

そうくんからおかあさんが「何もできなくてごめんね」とおっしゃってたと聞きました。
決してそんな風には考えていないので、自分を責めないでください。
おかあさんのこと、これからも折に触れて思い出すと思いますが、そのときは感謝の気持ちしかないように思います。

お世話になってばっかりで、おかあさんたちの面倒もみてあげられないこと、申し訳なく思っています。

これからどんな人生が待ち受けているのかと考えると不安もいっぱいですが、幸いわたしには健康な体も仕事もあることを考えれば、恵まれていると思って前向きに生きていかなければ、と思っています。

10年間本当にいろいろとありがとうございました。
おとうさんやお兄さん夫婦にもよろしくお伝えください。
末筆ながらみなさまのご健康、ご多幸を心よりお祈り申し上げます。
posted by Umi at 22:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

どうしたら・・・

昨日、久々にアパートに行ったんだ。
用事もあったので。
もちろんそうくんは仕事中でいなかった・・・。

胸が詰まって仕方なかったなぁ。

昨日の夜はうまく眠れなかった。

会わないのも辛い。
会うのも辛い。

多分、そうくんはもうわたしを必要とはしてないよ・・・。
posted by Umi at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

えっ・・・?

今日は引越し第一弾。
両親に手伝ってもらって少しだけ買った電化製品や、何もない時間が恐いので趣味の布類やミシンなどをお引越し。
まだ、電化製品やネット環境が揃ってないので、引越し自体は来週に伸びそうです。

この1週間でそうくんは今日で4回目の徹夜だって。
大丈夫なの・・・?・・・じゃないよね〜?

いつもボーナスの前は忙しいから仕方ないよねっ?
・・・って思ってました。

何となくそんなことを言ったら・・・、

「管理職はボーナスないよ、しょうがないよ。」だって。

この1年、自分の好きなこともせず、なりふり構わず仕事に専念してきたのに・・・。
わたしとの食事もせず、中国人の食事の面倒を見てきたのに・・・。
普通の社員でいた方がずっといい気がしちゃう。
自分が体制を変えられていないことが、不本意なんだと思う。

みんなはもう2週間前にボーナスが出たらしい。
でも、そういうことも言ってくれないんだよね。

車の保険とか1年払いなのに、やっぱりわたしの収入を期待されているんだろうか?
言わないのは彼の弱さのほかに、どんな理由が立つんだろう?

髪の毛を切りにいく時間もない。
コンタクトの保存液や毎日使っているシーブリーズが終わりそうなのにも気づかない・・・。
カラダを壊しながら自分の時間の全くない生活を送ってる・・・。
見てるこちらが切なくなるよ〜っ!
っていうか、怒り!!!

こんな状況だから、わたしが離れゆくことにも、引き止めることもできないんだよね。

とても心配。
洗濯とか食事とか身の回りのこと、ちゃんとこなせるのかな?
コンビニのご飯とか食べないで欲しいと思うのに、そういう方向へおいやっている自分にわたし自身も不本意。

わたしが離れても、自分の生活を省みる余裕は無いんだろうね・・・。
そういう機会になることを望んでいたけど、多分ありえないなぁ。

ひとまず、私自身の気持ちの整理を優先しようと思うけど、どうしたら、いいんだろう・・・。

今の彼を置いていくのはすごく罪悪感を感じてしまうんだ。

でも、それを全てサポートしようとしたら、共倒れになるのは時間の問題。

ひとまず、一人になって、自分の気持ちと向かい合おうという選択は間違ってないよね・・・?
何か変えなきゃムリだもん。

淋しいし、切ないけど、がんばらなくっちゃ!
ね〜。

なんか、なにをどうしていいのか、何をどう考えていいのか、わかんんなくなる。


posted by Umi at 22:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

嵐の中

う〜〜〜〜〜ん・・・。
決断のときが迫ってます。
悩ましいです・・・。

こわい   10
さみしい  10
ふあん   10
たのしみ   5
すき     5
きらい    ?
つらい    9
くるしい   7
うれい    8
かんしゃ   8

いろんな気持ちが交錯しています。

形勢はどこも圧倒的に「いっちゃえモード」。

今までのこと後悔も否定もしない自分もいる
これからのこと不安にも壊滅的にも思う自分もいる

わたしは今臆病になっちゃいけないときだと直感的に思う

病気に負けないごはんを作ったし
精一杯家に愛情を注いできたとは思う

我慢はどこまですればいいのか

いっぱい泣いた
いっぱい怒った

今までに感じたことのない幸福もあった
大事な時間があった
大切な誓いもした

たくさん自分を責め
たくさん相手を責めた

さみしがり
ひとりよがりで
相手も苦しめたと思う

求めているのか
求められているのか

自分がいけないのか
相手がいけないのか

わたしはこれからどうなる・・・?
自分を信じていける・・・?
自分だけでも生きていける・・・?

何もかもが霧の中
・・・何も見えない

でももう数年、こんな時間を過ごしてきたのも事実
心は嵐

頑張りどきだな




posted by Umi at 23:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

・・・

も、だめかな・・・。
でも、わたし、自分で頑張ってきたと思えるし、仕方ないかなぁ。
これから幸せな道は拓けないかもしれないけど、人として恥ずかしくないようにプライドを持って、生きていければいいのかな・・・。

そろそろ決め時かな。
自分が泣くことで親もこれ以上負担かけられないし。

好きだけじゃダメなのかな?
カウンセリングによると、わたしは「理論的には別れた方がいい、と思いつつ、感情的には一緒にいたい、という狭間で悩んでいる」というけど、正解かも。

好きだから一緒にいたけど、一緒にいると辛いんだ。

posted by Umi at 21:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

退院待ち

そうくんの退院が明後日に決まったようです。
やっと神経麻痺の広がりをステロイド大量療法で抑制したところで、これから神経の再生期をどう過ごすかが勝負どころでしょうね。
こういうこと、病院では逐一教えてくれないみたい。
本人、ステロイドで治ると思っていたようだし、もっと説明があったほうが、いいと思うんだけどなぁ〜。
昨日まで退院が延びるって言われてたので、一喜一憂してしまったし。

ちなみに今日のEnog検査で、左半面の顔面神経は3%しか働いていないことがわかったらしい。
わたしは顔面神経麻痺の測定ポイントなどをネットで知識を得ていたので深度が高いことは覚悟してたけど、本人はショックだったと思う。
でも、再生しない神経じゃないので、気長に頑張っていけたらと思います。

帰ってきたら、ワインを飲みたいというので、金曜日はワインでお祝いできることが今から楽しみです。

あとは今までみたいな無理な働き方をやめてほしいけど、それは続けるんだろうなぁ〜。
私自身、それをどれだけ容認できるか、自分との闘いとなりそう。

わたしが寝不足で運転も危ういことをそうくんママに聞いたようで、荷物も少ないし明日も一人で乗り切るそうなので、もう1日じっくり実家で養生のつもり。

今日もパンを焼きます〜。


posted by Umi at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

今日も看護

今日も看護です。
早めに出てS市の有名ラーメン店へ母と行って、その後別れて病院へ。
まえからすっごい行きたかったのですが、なかなか遠くて行く機会がありませんでしたが、幸いそうくんの病院の近くだったので。
わたし、これでも5、6年前まではラーメン嫌いで、いつも野菜炒めやチャーハンを食べてたクチなの。
でも、今はラーメン大好物です。
一人でお腹がすいたときは、無印のチキンラーメンにネギたっぷりとたまごを一つ、そしてごま油をちょこっとたらして食べるのが大好きだったりします・・・。
無印のはちっこいサイズで、味も普通のよりよいし、バリエーションも多いんですよ。スパイシー塩味とか、キムチ味とかあるの。

昨日のパンも今日のラーメンもそしてこれから焼けるパンも、写真を撮っているのですが、今は実家にいるので、カメラとの接続ケーブルとか、メディアリーダーとかがないので、また一気にお見せしたいです。

そうくんは、4時半頃に眠くなったそうで、それでもわたしがいると気になって眠れないというので、今日早く帰り、一度アパートとそうくんの実に顔を出して実家に戻りました。
もう納車からの1週間で300Km以上走りました。
実家から家のほうまで一人で行くのは初めてでちょっとどきどきしたけど、難なくクリアできました。
運転、楽しい。
愛車って感じがしてきました。

昨日のオニオンチキンパンは好評で、もうほとんどなくなってました。
そうくんも病院食では足りないと、今日は、オヤツ!!!におにぎり2個&昨日わたしの焼いたパン2個&母からのサトイモイカ煮、そしてローソンのから揚げ君をぺろりと食べてしまいました。
味覚は鈍くても、おなかにはいれたいみたい。

きょうはわたし、くるみパンを焼くのです。
そうくん入院中にパン焼きの腕を上げたいです。
できれば毎日焼きたい〜。
posted by Umi at 22:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

介護4日目

今日も午後はずっとそうくんの病室で付き添い。

昨夜はわたしの誕生日だけど、そんなことも忘れてて、「・・・を持ってきて・」「会社の人が来る時間だから来なくていいよ」とメールが・・・
週末前だし、洗濯物も持ってきたいし、わたしが行った時にちょうど会社の人が来て、1時間半病室でひとりぽつんと取り残されました。
そうくんがん病室に戻ったのは、消灯まで1時間もない時間。
点滴も座っていたので、血が遡ってきてるし。
そんなお見舞いってあり!?
病室に帰ってきたそうくんに、「疲れたから寝てもいい?」と追い討ちをかけられ、自分の空回りに気づきます。

帰ってきて、母親にぶつけるともはやいい答えが出ないのは当たり前・・・!?
そうくんが入院してから、アパートにいても実家にいても自分の居所がわからず落ち着かないし、1日2時間うとうとするだけでわたしも疲れてるかも。

今日はやさしく歓迎され、落ち着いた付き添いとなったけど、先は長い。
自分はどうすればいいのか、いろいろ考えさせられます。

最近眠れないので真夜中のパン作りが趣味。
っていっても今日が3回目だけど。(そうくん入院4日目。)

パン作りは楽しい。
花を育てるとき、芽が出て、ふくらんで、花が咲いて、実がなって・・・をすべて味わえてしまいます。

今も、チキンオニオンパンに挑戦中。
うまくできたら、明日こそ写真をアップ!?
posted by Umi at 21:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

入院2日目

今日は昨日入院してから気づいた持って行くものがあったので、朝病院に行こうと思ったけど、ひとまず母に任せて出勤。
母が行ってくれたはいいけど、また欲しいものがあるようでメールがきたので、明日は行ってきます。

入院中も仕事をしていることが、わたしには不満でたまりません。
付き添いに行っても、イヤミを言ってしまいそうで、気が引けます。
過労やストレスの恐さを全然わかってくれなくて、看護をしててもとても虚しいです。

今日はアパートでヒトリ。
0時を迎えたら、誕生日だけど、それまでには寝てしまいそうだわ。

何をどう考え、整理していいのかわからず、悶々と過ごしてます。
posted by Umi at 20:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

入院〜

やはり、そうくん明日から入院です。
病院は家から30Km離れてて、電車の当てにならないこちらでは結構な距離に感じます。
しかも50Km近く離れている職場とさらに逆方向なの〜。
でも、洗濯物の取替えとか、顔も見に行きたいし、退院まで1週間〜10日ほどは忙しい日々になりそう。
でもね、麻痺のせいで気が立つのか、そうくん、ちょっと冷たいんですよ。
かなしいです。
自分ってなんなんだろう、って思っちゃったりするときもあります。

数年前、やはりそうくんが病気で入院したときは仕事も自ら失い、借金し、浮気し、傷ついた日々がよみがえったりもします。

ちょっと心不安定なわたし。

でも、明日は結婚以来じゃないかという50Kmドライブでそうくんを病院に送っていきます。
車の練習兼ねて。
土日は一人で行かなきゃ行けないしね、頑張るわ!
なぜ60Kmじゃなくって50Kmかっていうと、多分疲れると思うので、明日は自宅と病院の間にある自宅でギブアップ予定だから。

車、結構気に入ってます。
これからわたし色に染めてやる〜って感じよ!

↓納車のとき撮影。赤シート、かわいいよ。
20070415_3.jpg

↓ナビはパナの地デジチューナーつき。インパネはブラックウッド、ステアリングスイッチやATだけど、MT風の7段シフトも付いてます〜(エンジンブレーキ代わりにしか使わなそ〜。初めてのとき、Dに入っていると思ったら、1速で走ってた・・・。)
20070415_2.jpg



posted by Umi at 22:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

入院!?

そうくんが近日中に入院するかもしれません。
3日ほど前から、顔の半分が麻痺してるのです。
目も閉じず、左半分の舌は味覚もないそうです。
まばたきもできないので、目がとっても乾くようです。

発症のときは帯状疱疹によるものか、脳神経からくるものか、突発性のものか、判断がつきかねたし、医師もそうであったろうと思いますが、水疱も出ないし、顔以外の半身に影響が無さそうなので、わたしは突発性のものと見ています。

ただ、どういう性質のものであれ、顔に出る神経麻痺は完治しにくいようなのです。
わたしのおばさんもおじさんが60で亡くなった後、ストレスから顔面神経麻痺になり、皮膚移植をしたりしたので、ちょっと不安。

少しでも早く、そして後遺症がなく治るための点滴を受けるための入院です。
いずれにしても気長に治療を受けることが大事なんだけど、退院したらまたそんなことは忘れて仕事に没頭してしまいそうで傍から見ててとても不安です。

パジャマを洗濯しておこうとか、スリッパを買わなきゃとか、なんとなく気が落ち着かないし。

昨日はそうくんの誕生日、今週金曜日はわたしの誕生日ですが、昨年に引き続きまた淋しい1日となりそうだわ。
ちなみに昨日はアルコール控えめのそうくんと、スパークリングワインでささやかな乾杯したんだけど。ケーキはその前の日にいただきました。

納車して運転もしたり、メイが学校へ行くようになったり、オイのPC練習に付き合ったり、キャシーさんの通信講座の添削が返ってきたり、パンを焼いたり、いろんなことがあったけど、自分でやっていることが何となく今はただ通り過ぎていく景色のように感じてしまうのです。
posted by Umi at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

ふまん〜

昨夜10時頃?そうくんからメールがあって、「明日香港に日帰り出張かも。出発は朝3時」って・・・・。

帰ってから聞いてみると、明日の早朝出発かもしれないということだけど、成田まで車で行って香港の空港で荷物を預かってとんぼ返りするかも、ということらしい。

結局今日の昼頃、行かないことになったと連絡があったけど。

これくらい家のこと一生懸命やってくれとは言わないけど、もう少し関心持ってもいいんじゃない?って感じです。

posted by Umi at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

カナシイお知らせ

そうくん、2月は全国各地へ出張に出るそうです。
またまたヒトリの時間が増えそうです。

1月もヒトリの元旦から始まって、一緒にご飯を食べたのは1時半まで帰りを待って取った夜中の夕飯1回だけ・・・。

今は会社がどうしたら利益が出るのか、どうしたらうまく回っていくのか、ということしか考えられないんだって。

それってひっくり返すと、「家がどうなっても仕事さえうまく行けばいい」って言われてるってことかな?

今のままでは自分も困るけど、これがいつまで続くかわからないって。

なんか寝不足と過労で憔悴し、無表情になっていくのがとても心配。
その反面で自分内部でも葛藤があって・・・。

いくら考えてもどうしたらいいか、よくわからないんだ。




どうしたらいいのかわからない・・・。
posted by Umi at 21:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

もういいよ

9ヶ月ぶりに2人でゆっくり過ごせる1両日と思って、予約をしていた元旦の温泉旅行、キャンセルになりました。

よく分からないけど、仕事の都合でキャンセルしてくれと、メールがありました。

もういいかも・・・。

なんか、心が疲れ果てた。
posted by Umi at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

おいてけぼり・・・

そうくんはもう200日以上、連続出社です。
先日の忌引のときも、朝か夕かには必ず顔を出しに行っていたし。

土日も出社、平日の帰りは12〜3時・・・。
帰って来てもわたしは既に寝室にいることが多いし、朝はぎりぎりまで寝てるのでばたばたし、ほとんど会話もできません。
1日数通の短いメールが連絡手段に。

よく頑張れるなぁ、と感心する反面、不満も募る。
嫌味なことが口をついて出てしまう。
二人の生活を守りたい一心でいろいろ言ってしまうことが、そうくんを追いやってしまっている気もする。

夕飯を夜中に食べるそうくんは、朝飯は食べないんだけど、夕食を一緒に食べられるのは月に1、2回。
旅行や釣りはもちろん、外食もできない。

自分の夕飯の食器洗いと作業着の洗濯、わたしの朝の駅までの送りはやってくれるけど、それ以外は全てわたしの負担に。
わたしも往復3時間半の長距離通勤でフルで働いているので、結構疲れる。
しかも、帰ってくるまでは寝付けないので、寝つきのよいそうくんより睡眠時間は短くなる始末。

かと言って、このままだと仕事をやめざるを得ないと言うと、いい顔しないし。

そうくんは最近昇格して、少しの役職手当が付くようになったけど、お昼など一緒に行った人の分は全ておごらなきゃいけなかったり、仕事で出れなくなった会社の飲み会に15000円も支払わなきゃいけなかったり、海外出張でも何の手当もなく、持出しが多くなり、結局生活費もマイナスになること間違いない。
そうくんにラーメンさえ、おごってもらったこと無いわたしって何・・・?
重責を負うことに対する報償のはずの役職手当だと思うんだけど、社長から手当以上の出費を強要されるらしい。
幅を利かせるためにお金を払っているようなもの。

本人は昇格してもらえただけ御の字だ、って全てはそれで解決しているみたいだけど。

早く帰ってくるのはムリ、の一点張りで、頑張ってたまには早く帰ろうとか、1か月に1日くらい休もうとか、そういう気持ちも無いみたい。

そういう風に思ってもらえれば、わたしももう少し希望を持てるけど、ずっとこうかも、みたいなことを言われると、何のための家族かも、どう気持ちの折り合いを付けたらいいのかも分からなくなってしまう。
なるべく飲み会も断ってくれてはいるみたいだけど、飲み会に行かなきゃ行かないで、帰りはやっぱり遅いし。
頑張るだけ頑張って、報われることはない気がする。
泣きそうな気分で過ごしてる。

キルトをやったりするのも好きだけど、それだけでいいってことにはなりようが無い。


世の中の奥さんたちはすごいなぁって思う。
出費どころか、浮気も甲斐性で済ませてしまう人もいるでしょ?
好きでもそういうことができるなんて・・・。

いっそ、嫌いになれたら、どれだけラクかって思ってしまう。

本当は健康で、衣食住には苦労せず、健康で働けることを喜ばなきゃいけないんだって、分かってるけど、煩悩が邪魔をする。

posted by Umi at 20:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

安らかに・・・

そうくんのおばあちゃんが今週の初めに亡くなり、慌しい日々を過ごしていました。
享年92歳の大往生です。
わたしの父の両親も享年93歳でなんと3日違いで夫婦で亡くなりましたが、両方とも長生きの家系なのでしょうか・・・。

おばあちゃんはわたしが7年ほど前に嫁いだ頃から、少し痴呆の気があり、おかあさんが介護&お世話をしていました。
亡くなる前の日、わたしはたまたまおかあさんのところに夕飯を食べに行っていて、おばあちゃんが少し変なの、というので、帰りがけに部屋を覗いてみてきましたが、すやすやと眠っている感じでした。
ところが、朝方に訃報があった次第です。

そうくんは中国だし、お義兄さんは名古屋、お義姉さんは臨月・・・。
親戚の多くはすぐこれる距離にはいないし、昔ながらの隣組などのお手伝いもないので、わたしは一人でプレッシャーを感じながらも「嫁」の役割を果たしたのでした。(たぶん。)

それはそれは大変でしたよ。
おとうさんは葬儀の段取り、おかあさんは接客に追われ、いろんな雑事を任されました。

うちの父が喪主をした母方のおじいちゃんのときは、みんなおばさんたちが近くに住んでて、姉妹だから、何でもほいほい進めてくれちゃうので、わたしは洗い物してたくらいのような気がする。

通夜の頃にはそうくんたちも到着して、気分的に楽になりましたが、やっぱり男の人と女の人の役割ってこういうとき相重ならない部分が多いのよね・・・。
でも、おばさんたちやいとこたちも喜んで手を貸してくれたので、助かりました。

おかあさんに、わたしがいなかったら乗り切れなかった、と言われたときは、お世辞とはわかっていてもうれしかったな。

波乱万丈の人生を送ったという、おばあちゃん、ご冥福をお祈りします。
天国で、おじいちゃんと会えますように。
posted by Umi at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

つぶやき

今日、通勤中のバスにもう暖房が入ってた。
ちょっと驚いたけど、朝晩はもう初冬の気配!?
食卓にもシチューやチャンチャン焼きなど冬のメニューが並ぶようになった。

今年の夏は、そうくん、1日もお休みなく外食やお出かけはおろか、二人でゆっくり食事をすることさえできなかった。
今が正念時のようだけど、秋は1日くらい休んでほしいなぁ。
今年いっぱいは休みはないよ、って言われたけど、さすがにさみしいな・・・。

今日もクロスステッチやって、ねよ〜っと。
posted by Umi at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

出口がない

火曜日は予定通り甥っ子姪っ子を連れて、父母とともに5人で海水浴に行きました。
うちはみんな水着着て、ちゃんと海に入って遊びます。
みんなで温泉入って、お寿司食べて帰ってきたのでそこそこ楽しかった。
だけど、砂浜には平日にもかかわらず父子の姿が目に付き、いつもヒトリのわが身を憂いた。

ほんとは今日そうくんが150日くらいぶり?にお休みが取れるといっていたので、海に行く予定にしていた。
けど、昨晩勤め先からの電話で、仕事の都合により反故にされた。
お盆ももちろん仕事なので、わたしも仕事を入れました。
このペースで行くと、今年、丸1日2人で過ごす日というのは2、3日ってことになりかねないんだけど・・・。
秋に予定してたグアムを楽しみに今まで淋しくっても頑張ってきたけど、グアムもムリそうなんだって。

仕方ないからキルトでもして過ごそうかなと思っている。
その前に朝からビールかな?
も〜、やってられな〜〜〜いっ!!!

貴重な時間をこんな毎日で埋めてしまっていいのか、いつも疑問。
でも、出口がみつからない。

こんな日記を残すのがいいのかどうか・・・。

posted by Umi at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

お中元と夏休み

いい天気が続きます。
夏休みの甥っ子&姪っ子を連れて、実家の両親が海水浴へ行くというので、わたしも会社を休んでお供です。
去年まではそうくんと何回も海へ行ったけど、もうあてにはならず、わたしはとにかく海が好き!
明日、天気が良いといいなぁ〜。

もうお盆ももうすぐ。
こちらでは、お中元はお盆に届けるのが慣わし。(と思っています。)

両方の実家へのお中元、今年も頭を悩ませましたよ〜。
お歳暮もお中元も、父の日も母の日も、喜ぶ顔がうれしいけど、その前段ではかなり迷っている気がする。
ま、最悪、ピンと来るものがなかったらお酒だけど!

今年のお中元、
そうくんの実家へは・・・、小名浜漁港食堂の干物詰め合わせ。
ここの干物は我が家の定番となりつつあります。
ちょっと前におすそ分けしたら、凄く喜ばれたので。
夕食のメインになる干物で、塩気が強すぎず、お魚本来の味が楽しめます。
ホッケとかすごく身厚で大きくっても、二人で一匹食べちゃいます!
焼印とかはいっちゃって高級そうな割に、お値打ちで、自宅用にもいいのでオススメ。
(わたしも焼印欲しいなぁ。卵焼きにつけたりしたい!)
大きいお魚はカット&ラッピングサービスがあるのもうれしい!
たくさん頼んで、ほとんどはそのまま冷凍室へいっちゃいます・・・。
お店はこちら!


同じ品は無いけど、こんなのを頼みましたよ!

送料無料!市場食堂 トロ箱 干物セット F

うちの母は「中華詰め合わせがいい」「肉まんのおいしいのが食べたい」、などというので、「蓬莱」にしようかな、って思ってたんだけど、違うお店でちょうどキャンペーンをやってたので、そっちにしちゃった。
横浜中華街のお店だけど、中国で作ったものを冷凍で送ってくれて、当たり外れがはっきりしそう。
味を確かめてないので、今はオススメできませんが、好評だったらご紹介することにしましょう。
↓ちなみに蓬莱はこちら!



いつもはお盆にとるお休み、ことしは仕事のそうくんにあわせて先送りしちゃいました。
このお休みを利用して、お父さんと海へ船釣りにでも行きたいな、母と横浜にでも行きたいな、とかいろいろ画策しています。
posted by Umi at 22:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 妻の気持ち、嫁の気持ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。