2007年11月26日

わかさぎ釣り

週末の連休はメイが風邪をひいてしまい、残念ながら一緒に遊ぶことはできませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、父が(←父が、ですよ。)ワカサギ釣りに行こうというので、行って参りました〜。
今シーズン初、10か月ぶりのワカサギ釣りでした。

希望の船はもう満席だったのですが、幸い、予約を入れることができ、翌朝5時半に家を出ました。

まだまだ暖かいですけど、周辺は雪が積もっていましたよ。

20071124_wakasagi3.jpg

でも、船の中は窓がいっぱいでビニールハウス状態・・・。
とてもあたたかったです。
こんなのを経験しちゃうと、やはり氷上の穴釣りは足が遠のきます。

20071124_wakasagi1.jpg

結果、二人で100匹超。
・・・ってわかさぎは父には勝てないんですね。
今回もダブルカウントぐらいで負けです〜〜〜。

20071124_wakasagi7.jpg

次の日行った人は、234匹釣ったそうで・・・。
ソルトもそうだけど、同じような気候でも釣果は毎日刻々と変わるんですよね。
船の予約の都合もあるので、仕方ないけど!(笑)
それは運任せにしないと、楽しめないですしね。

新鮮なワカサギのてんぷら、おいしかったです。
今シーズンは何回行けるでしょうか〜。
楽しみです。
posted by Umi at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

敦賀にて五目釣り

週末は名古屋経由で福井県敦賀市まで釣りに行ってきました。
東海支店の釣りレクに合流させていただいたのです。

敦賀は暖かく、海水もホントきれいで、魚影も濃く、食べ物もおいしく、とってもいいところでした。
遠いのが難だけど、またいつかゆっくり行ってみたい!

土曜日名古屋で拾ってもらう予定が、わたくし寝坊・・・。
起きたとたん、目の前が真っ暗になりましたよ。(笑)
やっとのど飴なしで眠れるようになって熟睡してしまったらしい。
仕方ないので、敦賀まで行くことを伝え、電車に乗り込みました。

名古屋も大好き。
手羽先、うまいし〜〜〜。(笑)
でも、今回は通過点。

皆さんに合流してから民宿前でまず投げ釣り。
大きなキスがつれたり、サザエ採ったり、まだ海水は暖かく、夏の海に帰ってきた気分にさせられましたよ。

翌日は朝から船で五目釣り。
五目釣りっていうのはかご→サビキ仕掛け→重りという仕掛けでとにかく海底の近辺の棚で小物を種類問わず狙うのです。
船での五目は初めてだったのですが、思ったより仕掛けの扱いも楽だし、小物ながらガンガン釣れるし、かなり楽しかったです。
五目はファミリー向きです。
ただし、水深60〜65mのところで釣ったので、手動リールだとちょっと大変。(笑)

この日の釣果
↓アジMAX27cmを筆頭に35匹くらい。
20071103_敦賀10.jpg

↓ウマヅラMAX32cmを筆頭に7匹。
20071103_敦賀11.jpg
このほかに真鯛の小さいのを一匹上げました。

表彰式では、順位は真ん中くらいでした。
3匹の重量戦なので、マトウダイを上げてる方々には負けちゃいます。
あとアズキハタ、黒ソイ、エソも1匹づつ上がったようです。
でも、みなさまのご好意で「会長賞」をいただいちゃいました。(笑)

ほとんどの方が初対面でしたが、みなさん気さくに話しかけてくれてとても楽しい時間を過ごしてきました。
趣味が同じだと、いろいろ話題が広がるし。

お魚がたくさん釣れてしまったので、小さいのは分けてきましたが、それでもうちの冷蔵庫には入らない・・・。
ので、急遽皆さまとお別れした後は実家へ向かうことになってしまいました。


posted by Umi at 20:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

船釣り釣果

父と海釣りに行ってきました〜。
朝晩めっきり冷え込むようになってきちゃったので、海に行き急いでる感じです。

日本海が見えると結構白波が立っていたのでそこそこ揺れるかな〜って思ってたけど、思ったほどひどくはなかった。
透明度が高く、まだまだ「夏の海」なんだそうです。

今回はわたしと父のほかは、ベテランのお客さんが3名でした。
喰いが渋かったですね〜。
ベテランの方々でもなかなか上がってなかったです。
みんな真鯛は1枚じゃないかな・・・。

今回は仕掛けのからみもなく、おまつりもほとんどなく、かなり真剣に挑んだんですけどね。

結局わたしはイナダ4、真鯛1、父はイナダ3、ウマヅラ1、カツオ1という結果でした。

イナダは35〜45cmくらい。
脂がのってきたので、お刺身、うまうまでした!

ウマヅラもかなり大きめでたっぷりと肝が取れましたよ。
佐渡のおやじさんに教えてもらったように、ねぎと甘じょっぱく煮たら、両親も大喜びでした〜。
身はやはりお刺身に。
カワハギなので、食感がよくおいしいんですよ。

そしてカツオはわらを燃やして、たたきにしました。
香りがよくなって、臭みが全然気にならなくなります。

6月当たりから毎月父と二人で船釣りに出かけてきたけど、もう来月でシーズン終了ですね。
ちょっと淋しいです。
でも、今年は57cmの人生最高の釣果を得たので、大満足です。
また来年も釣りまくりたいっ!
posted by Umi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

船釣り結果

昨日は父と釣りに行って来ました。
真夏日和だと魚の活性が悪いので、心配してました。

船が出てみると、潮は強く、みなさんおまつり多し。
喰いはポイントによって、激渋だったり、よかったりまちまちだったけど、常に2人、3人とからみあってしまってます。
わたしはおまつりの回数は少なかったけど、仕掛けの糸よれに悩まされ、仕掛けを変えてばかりでした。
まだまだ下手なんですね。

結果、父の圧倒的勝利でした。
わたしと父はどっちかしか釣れないみたい。
片方釣れると片方釣れないんです・・・。
いつもそこそこのお魚は持って帰れるので、それはOKとしましょうってことで二人で帰りに話しましたが。

わたしは35cmの鯛、イナダ。

20070916_船釣り1.jpg

生臭さが出ないように釣ってすぐにえらを取ったのと、午後便のため持ち帰って翌日の撮影になったので、ちょっと活きはいつもよりよくないですが、味はやっぱりエラ取った方がよかったです。

父は7月にわたしが釣ったくらいの2Kg級の鯛を上げました。
他、イナダ、ウマヅラ。

20070916_船釣り4.jpg

父、初公開ですね。
本人の了解?・・・取ってません。
ブログやってるの知らないし、サングラスだからOKでしょ。

今年、もう1、2回行けるとよいな〜。
これから魚も脂のってくるし。
posted by Umi at 00:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

佐渡野性生活

週末、幹部3人と佐渡まで夜釣りへ行ってきましたよ〜。
佐渡滞在時間は24時間ほど。

朝6時半にピックアップしてもらい、佐渡に着いたのは12時前。
それから目的の港へ向かい、タープやガスコンロなどをセットし、ベースキャンプを設置。
アウトドア用品はすごい充実してました。
人数分のシュラフ(使わなかったけど)に、折りたたみイス、テーブル、ランタンなどなど、もう食料さえ確保すれば1週間でも野外生活できるんじゃないかってくらい。
久々に野生的な時間を過ごしてしまいました。(笑)

幹部衆が買出しに行っている間に、一人で仕掛けをセットし、釣り開始。
仕入れが完了したところで、ひとまず乾杯!
・・・ってやってたら、地元の人が紛れ込んで、活きてる牡蠣やサザエ、甘エビのお刺身や、サザエご飯のおにぎり、手作りのイカの一夜干を差し入れてくれました。
わざわざ持ってきてくれたんですよ。
しかも、その人・・・仕事中だった。(笑)

みなさんが飲んでる中、わたしは一人で釣り再開。
キス仕掛けでかかったのは、ちゃりこ、ちゃりこ、ちゃりこ・・・。
どこまでいってもちゃりこ(真鯛の子供)ばかり〜。
その後、投げサビキに仕掛けをチェンジ。
そうしたら、20cmくらいのアジが入れ食いで、楽しい、楽しい!
夜中までちゃんと釣ってれば釣れちゃう!
飲んでは釣り、飲んでは釣り・・・状態で、楽しかったです。
バケツに一杯くらい釣れましたよ!
(写真をアップしたいんだけど、うまく接続できないので、後ほど。)

夕飯にはお肉を焼いてもらったり、いただいた貝類を焼いてもらったり、わたしは釣ったアジでたたきと刺身をこしらえ、そのまま延々と・・・。

2時頃に潮風が冷たく感じてきたし、眠気も催し、一人車で熟睡。
わたしが起きたら、みんなもう朝飯の用意してました。
二周りも上の人たちだけど、元気だ・・・、元気すぎ。
みんな代わる代わる1時間くらい寝ただけで、3時半までは飲んでたらしい。
わたしが起きたのだって、7時前だと思うけど・・・。

朝はわたしがお味噌汁を作って、やきそばを作ってもらって、甘エビの刺身など。
やきそばが豪快!だった〜。
油引いて、麺入れて、ウインナー袋開けてがっと入れて、味付けの粉を入れただけ。
ある意味、新鮮だった!!!衝撃的!!!
でも、おいしくいただきました。

ベースキャンプを片付けて、ひとっ風呂浴びて、帰路に着いたのでした。

行くまでは会社の人たちが「よく行ったね」っていうほど濃いメンツで不安半分でしたが、釣りを堪能できたし、すごく楽しかった!
今年は佐渡はなしかな〜なんて思ってたので、うれしかったです。
佐渡の海はやっぱりきれい!
魚影も濃い!

また行きたいな〜!
でも、次は定宿のおやじさんにも会いたいわ。

↓写真追加。夕飯準備前までの釣果。大きいので20cm以上。もらった牡蠣も一緒に。しかもササノハベラを釣った本人、食べるというので確保。→塩焼きでほんとに食べた〜。
20070826_sado.png
posted by Umi at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

突然ですが、佐渡へ

突然ですが・・・、明日、佐渡に夜釣りに連れて行ってもらうことになりました。
昨日話が出て、今日本決まりになりました。

サテには、竿も仕掛けも、長袖シャツも帽子も何もないんです・・・。
クーラーボックスもない〜。
まだ、持ってきてないんです。

でも、ひとまず着いていってきます。
竿とか貸してもらって。

連れてってくれるのが幹部3名〜。
下っ端はわたしだけです。
よく働きの悪い下っ端に目を付けてくれました。(笑)

何やら港でBBQしたりするようで、結構楽しみだったりして。
ま、そっちが期待はずれでも、一人で釣りしてるから大丈夫です!

何か釣れるといいなぁ!
マゴチとか釣ってみたいな〜。
posted by Umi at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

釣りの景品到着

先週末、57cmもある大きな真鯛を釣り上げて、竿頭にしていただきました。
偶然にも、東レ・スポニチのフィッシングフェア開催中で、その船でのチャンピオンということで、スポニチ特製チャンピオンジャンパーが送られてきましたよ〜。

↓後ろに「60」って入ってるけど、どういう意味だろ〜!?連番?
20070729_景品.jpg

タグにL〜LLって書いてあるけど・・・。
わたし、女性用でもSでOKなんだけど・・・。
でも、でも、これ着て弦を担ぎたいわ!
真鯛釣りにはレッドカラーでつきを呼ぶ人っていますしね〜。

次回行くとき、いつもの船は新艇に変わってるらしい。
来月はいけるか微妙ですが、月末あたりで父を誘ってみようかな。
多分、わたしに負けた後は口には出さないけどすっごいリベンジモードなので、乗ってくるだろ。(笑)

船長さんが船のHPに載せてくれた写真をこちらでもアップしたいと思います。いい感じで顔分からないし!
↓撮影:船長(←次回了解取る予定・・・忘れなかったら。)
20070721_madai.jpg

一番大きいのは実家にプレゼントしたので、うちは一回り小さい方を食べたんだけど、記念に右上の歯の骨をとってあります。
写真撮ろうとしたら、見当たらなかった〜。(笑)

朝、前歯がわたしの小指の爪と同じくらいの長さですごいな〜って眺めてたんだけどなぁ・・・。
見つかったら、また写真アップします。

でも、今夜もそうくん何時になるか分からないというのでサテライト(⇒新アパート)夜からに来ちゃってるのよ。
夕飯、お持ち出しで。(笑)
ってことで、また。
posted by Umi at 00:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

竿頭、いただきました〜

今日は雨の中の、そして先週の震災の被災地近くでの船釣りで、いまいち気分が盛り上がらなかったのだけど・・・。
やっぱり始めると雨も気にならないし、すごく熱中できてとっても楽しいんだな。

雨も早い時間に上がってしまったし、そして文句なしの釣果でした。
一投目から会心の当たり!でしたよ。

前回は真鯛狙いだったのに、青物ばっかりでした。
しか〜し、今回は大きな真鯛を2匹もゲットで、初の「竿頭」となりました!

↓釣果
20070721_釣果4.jpg

新聞を一番広げた状態になってます。
一番大きい真鯛で57cm、2.2Kg!
マイベストです!
もう一匹も3、4cmしか変わらないんですけど、上げるのがた〜いへんでしたよ。
こんなの上げたことないし、船長がいろいろ教えてくれるけど、竿を固定する左肩が硬直してきて・・・、ちょっとした闘いだったなぁ。

もう2匹大きい当りがあって、そのうちの1匹は船長曰く一番大物だったということですが、なんとサルカンに結んであった仕掛けのハリスが解けてばれたんですよ。
既製の仕掛けなのに、解けるか〜?
多分、最初の2匹で痛みが来てたんでしょうね。
次回から大物を上げたら、仕掛けを再度チェックしようと思います。
いい勉強になりました。

で、で、なんかスポニチのイベント中らしく、明日スポニチにわたしの名前が載るかもしれないのです〜。
景品が送られてきたら、うちに送ってくれるって言ったけど、ほんとかなぁ?
・・・まぁだまされたと思って、明日買ってみますね。

船長のブログでわたしのこと書いてくれてますので、よろしかったらこちらもご覧ください。
posted by Umi at 22:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

釣果とその後

今日はお父さんと船釣りに行ってきました。
海まで遠いので、出港の5時に間に合うようには2時半出発なので辛いけど、釣りのためなら頑張れます!
ってゆ〜か、目覚ましならなかったのか、迎えに来たお父さんからの電話でやっと起きたけど。

ひっさびさの海釣り、しかも船。
楽しかったです〜。
船で出ると、海を独り占めって感じで。
でも、潮がきつくて、小さい船は左右から前後から上下から大揺れが来て、わたしはまた吐いてしまったのでした。
次回から、酔い止めを飲むことにします。

今回はお父さんと隣なんだけど、妙に離れてて、わたしもお父さんもそれぞれ自分に近いおじさんたちと話しながらやりました。
こういう船って、50、60台のおじさんばっかりだから。
でも、女性は少ないので、おまつりしてもみんな優しいです。(笑)
だいたい、船でお祭りって言うのは船長のせいでもあるんですけどね。(←反省しなさい!?)
勤め先でもこんな状態なので、わたしはますますだめだめ女になっていくのでしょうか・・・!?

肝心の釣果は、アジ8匹でした。
本当は真鯛釣りなんだけど〜。
他の人もほとんど上がってなかったし、アジ好きだし、いいです。
夏になれば、イナダやカツオも交じるだろうけど、日本海はまだ夏っぽくないですからね。

20070701_釣果5.jpg
1匹、さばみたいにでかい37cmのアジも釣れましたし。
ちなみにお父さんとあわせても、これがMAX。
お父さんは0.4くらいの真鯛1枚含め12匹。
今回は花を持たせたってことで。
(でも、わたし、3匹は水面まで来てばれたんだよね。)

昼に上がって、遅い父の日で地元の鮨屋がやってる回転寿司でご馳走し、その後、砂浜に投げつりに行きました。
だけど、波が高すぎて釣果なく、早々諦めて、帰路につきました。
何も釣れなかったけど、ビール飲みながら(父に進められたんだよ)砂浜に横になってさお先とその先の空を眺め、波の音を聞いていると、本当に癒される感じがしました。
やっぱり海はいいですよ〜〜〜!!!

帰ってきて、早速アジの下処理など。
一番大きいのは1日熟成させて、明日刺身に。

今日は尾かしら造りと塩焼き。
尾かしら造りはほとんど趣味の領域ですね。
↓目が違うの、わかります???
20070701_釣果7.jpg

うちはツマもわさび醤油で食べるので、だいたい自家製。
(なので、太さは揃ってないでしょ。)
っていってもダイコン切るだけだけど。
お刺身と一緒になって売ってるのは、生臭そうで・・・。
おかしら造りのコツは、頭と尾に高さをつけること。
ダイコンの切れ端と爪楊枝で固定し、ツマで隠すんですよ〜。
あまり大きいお皿にやると、ツマがたくさん必要になるので、気持ち小さめのお皿に造るといいです。

あと、今一夜干も製作中です。

自分で釣ったお魚って、おいしいもんなのです!

posted by Umi at 22:42| Comment(7) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

第2回ワカサギ釣り

昨日、今年第二回目の釣りにして、第二回目のワカサギ釣りに行ってきました。

前回は父と甥っ子とでしたが、小2の姪っ子が「わたしには誘ってもくれなかった」とぼやいているということで、今回は父母&姪っ子と行きました。

昨日までは良好な釣果が報告されていたにもかかわらず、この日は渋い、渋い。
激渋でしたよ。
竿頭で50匹。

わたしは何とか17匹。
(ま、わたしが食べるには多すぎなくらいだよ。)
こんなに小さくっても、もうたまごを持ってるんですよー。

20070210_ワカサギ釣り07.jpg

初めての姪っ子はなかなかの誘いとあわせを見せ、12匹。
おにいちゃん(甥っ子)より、頑張ったのではないか?
おじい、おばあ(わたしの両親)より多いぞ〜。よしよし。
餌のサシは付けれなかったけど。

サシは蝿の子供だよ、って教えたのがいけなかったみたいで、ほとんどその夕食の天ぷらにも箸がついていませんでした。

つれなくても楽しいのが釣り。(わたし談)
食べれなくても楽しいのが釣り。(姪っ子談)

甥っ子も姪っ子もかわいいです。
子供ってみんなおとな子どもながら筋は純粋なところがいい。
いろいろしゃべらせてお酒のつまみにしてしまいましたよ。

ま、わたしは食べれるものしか釣りたくないです。

あ〜、早く海釣り行きたい!
これはまだ予行練習みたいなものだからね。

posted by Umi at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

初釣り

今日は、甥っ子と父と3人でワカサギ釣りに行きました。
今年初めての釣りです。

2年前にも父とそうくんと行ったことがありますが、その時は10匹も釣れませんでした。
今日は17匹。
魚探ではいい反応があるらしいのですが、喰いは激渋。
1週間ほど前に出かけた人が100匹近く上げたという話を聞いていたので、ちょこっと期待していましたが、う〜ん残念!
ワカサギって1日ごとに喰いの状態が違うようで・・・。
船は週末混むので、前々からの予約が必要だし・・・難しいなぁ。

釣果としては芳しくありませんでしたが、前回よりは上回ったし、楽しかったので、OKですけど。
甥っ子は初めてのワカサギ釣り。
7時半から15時までの長丁場を、そこそこ頑張って、8匹上げました。
当たりがあるととってもうれしそうだったけど、はまるかどうかは微妙だなぁ。
このヒト、乗り物酔いするので海での船釣りは絶対ムリだろうし。
ワカサギ釣りのポイントの道中に彼の家があるので、わたしたち的には大歓迎だけど、中学に入ったら友達と遊ぶ方が忙しくなっちゃうかな。

今年は何回釣りにいけるかなー。
父次第かな。
早く春にならないかな。
posted by Umi at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

船つり満喫!

前回の情けない船酔いのリベンジのため、再度父を煽って、船釣りに連れて行ってもらいました。
父もかなり好きなようで、今回は仕掛けを作ってきて、びしや天秤なども調達し、竿とリール以外は自前になりました。
次は竿とリールも狙っているよう・・・。

今週は釣果のよい日が続いているような情報もあり、期待を高めつつ、しっかり睡眠を取って臨みました。
いつも1時頃寝るのに、2時に起きなければならないのだから、体調を整えるには一苦労してしまいます。
今回は、前々日の睡眠を少なめにし、前日は朝早く起き、夜は9時に寝てしまう、という作戦に。

船は前回と同じ。
なので、レンタル竿も同じなので、ちょっと安心してできました。
ポイントに出て、糸を垂れるや否やきました、きました!真鯛の当たり!!!
今まで釣った真鯛で自己最高の30cm強!
20061014_釣果2.JPG

やっぱり真鯛のぐぐっていう当たりは興奮します〜。
多分、この日乗り合わせた釣り客の中ではこれが真鯛としては一番大きかったのではないかと思います。

その後も、飽きることのない間隔で、イナダ、マアジ、ソウダガツオで全9匹を上げました。
カツオを釣ったのは初めてで、少し前に隣の客が釣り上げたのを見て、カツオ好きのそうくんにぜひとも一匹確保したいと思っていました。
20061014_釣果4.JPG

結構こまめに餌チェックをして、時間いっぱいいっぱい楽しんだという感じ。
イナダは一番大きいもので40cm弱でした。
20061014_釣果4.JPG

ほんっと〜に満足したのですが、餌が少し余ったので、近くの港でまたさよりを釣りました。
ちょっと小さいけど、タイミングを合わせて釣るのは楽しいです。
少しの時間でこれだけ釣れました。
大きなはぜも1匹。
20061014_釣果3.JPG

お魚の方はもらわれていったものもありますが、
真鯛→鯛茶漬け、アラとゴボウの煮もの
イナダ→ヅケ、カマ焼き、あら汁
アジ→刺身
ソウダガツオ→たたき!
にしていただきました。
20061014_お造り.JPG

今までカツオって苦手だったけど、おうちのガスコンロで作ったたたきはすっごくおいしかったです。

今度はいつ行けるのか、今からとっても楽しみです。




posted by Umi at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

情けない船釣り

2年ぶり、2度目の船釣りに父と出かけました。
本当は昨日の予定だったけど、天気の都合で出港せず。
ネットでよさそうな船を見つけたので、改めて急遽予約を入れたのでした。

5時集合のため2時半に家を出たけど、その日は朝遅くまで寝ていたため、結局20分ほどしか睡眠できませんでした。
家を出るとき、雨がかなり降っていたのでこれで行ってできなかったらショックだなぁ、と思いつつも父の車に乗り込んだのでした。

港に着き、船長さんにあいさつ。
港の中では穏やかだった海も、防波堤の向こうはかなり荒れていました。
船は揺れに揺れてポイントに着き、釣りを始めた途端、体に異変を感じたのでした。
普段船酔いはしないので安心していたけど、寝不足の体に大揺れはきつかったようです。
船酔いは悪化していく一方で、下を向くと気持ちが悪くなり、餌も満足に付けることができませんでした。

父が真鯛、アマダイ、ハナダイ、イナダなどを釣り上げるのを横目に、雨に打たれながら船が揺れないように祈るのみでした・・・。

最後のポイントに着いた頃、吐き気はピークに達し、とうとう海に向かって吐いちゃいました。
黄色い胃液しかでなくって、我ながら「二日酔いじゃないんだから」と。
人生で初めて、乗り物酔いで吐きました。
しかしその後・・・、みるみる復活の兆し!
父曰く、それまで青かった顔色もよくなってきた、とのこと。

ここで1匹!と願いながらやっと本気モードで釣りを始めたのは終了間際・・・。
結局ササノハベラ系の赤いベラがかかっただけで、何の釣果もなく終わってしまいました。
楽しみにしていたのに、残念でなりません・・・。

帰港して、お昼にラーメンを食べ、あまった餌を持ってまた違う港へ行きました。
豆アジやさより、小さなシマダイなどを釣って少し気が紛れたかな。

近々、体調万全でリベンジしたい。
このままでは絶対いやだ〜〜〜!

posted by Umi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

大アジ、釣れた!

日曜日、父と二人で釣りに行ってきました。
海に行きたくて、釣りに行きたくて居ても立ってもいられず、仕事のそうくんを残して朝から晩までたっぷりと楽しんで来ちゃいました。

朝5時に迎えに来てもらい、8時から20時まで12時間も釣りしてました。
昼間の時間帯はなかなか釣れないけれど、それでも夕方になれば釣果はあるだろうし、海を見てぼ〜っとしているのも心地よく、あっという間の1日でした。

その日ははじめ、砂浜でキスを狙っていたんだけど、陽が上がってくるに従って海水浴客が増え始めたので、移動しながらお昼を取り、午後は港へ行きました。

いつもは釣り人でいっぱいの港が、日曜日だからか、海水浴へ回ったのかわかりませんが、さほど混んでいない。
意を決して700mある堤防の先の方まで行って、竿を出しました。
なぜ意を決して、というかというと、まず荷物があるので移動が大変だから、そしてトイレに行くにも、車まで何かを取りに行くにも往復で1.5Km歩かなければならないのです。
今回も3往復したのでそれだけで5Kmくらい歩いていることに。
もちろん、陽をよけるものは何もないし、結構ハードな釣りになるのです。

それまで大した釣果も上がらずにいたけど、後ろの方では大アジやヒラマサが次々に上がっている。
でも、そちらは堤防が狭く、もう人でいっぱい。
投げサビキなのでうまく投げないと人に迷惑をかけてしまうので、そちらには行かずにちびちびとやっていました。

少し暗くなりかけるとクーラーボックスもいっぱいになり、帰る人がぽつりぽつり出始めたので、周りの人に断りを入れて、そちらの方で釣り始めることに。

いつも港の内側に向けて釣りをしているんだけど、大海原の方に仕掛けを思いっきり投げるのは気持ちのいいものです。
ただ、いつものしかけをちょっとパワーアップさせた程度なので、30cmのアジを釣り上げるにはしょぼかった。
そんなのはわたしだって分かっているけど、いつもそんな釣りをする訳じゃないし、竿だって何本も持っているわけでもない。
この時点では父はもう竿をしまっていたのだけど、わたしが釣れ始めると、お父さんも熱くなり、「竿を立てろ」、とか「こんなリールじゃだめだ」とかすっごいうるさい。
ほんっとうるさかった。
ほぼ親子げんか状態。

あんまりうるさいので、もう魚がかかったら上げるのはやらせてました。
周りにも迷惑だし、わたしだって好きにやりたいのに、いろいろ言われると気になって手が止まってしまう。
一度手が止まってしまい、糸がふけたせいで、ばらしてしまったのです。
それでもう「そんなにやりたきゃやればいいじゃん」っと・・・。

しかし35歳の娘と60歳の父親の言い合う様って端から見たらどんなものでしょうね。
昨日会社の釣り好きの人に話したら、「娘とそんなけんかしてみたい」って言うので、「娘が35でも?」と言ったのだがそれでもできたらいいなぁ、とのことでしたが。
どうせなら、円満にやろうよ、って感じ。

そうそう、父は面白いところで、クロバイ(貝)を一個釣りました。
結構笑えました・・・。

結局、18時過ぎから20時頃までの間に30cm級の大アジ7匹を釣り上げました。
さすがに次の日仕事だし、家族で食べるには十分な数になったので、帰り支度を始めました。

↓一番大きいので33cmくらいあるのです。
20060725_オオアジ.JPG

帰り道、ラーメン屋で大漁祝い(お酒はわたしだけだけど)をして、二人とも機嫌を直して、ご満悦で帰ってきたのでした。

うるさいのはイヤだけど、釣りは楽しいし、かといってそうくんは仕事で休みがないから、父とまた行くしかないかな・・・。
9月は二人で船に出ようと、計画中です。


posted by Umi at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

釣り具のお片づけ

明日から仕事でドタキャンのそうくんを残し、両親と甥っ子&姪っ子の5人で富山方面へ旅行に出かけます。

今回は氷見、阿尾の浦の民宿に一泊の予定。
佐渡で初めて民宿を利用してから、海沿いに行くなら地元の旬が堪能できる民宿はわたしの中でポイントが高く、今回も民宿にお世話になります。
民宿と言っても100人規模が宿泊可能で、夕飯もお部屋食、温泉つき、というほとんど旅館のようなところにしましたが。
港の横に位置しているので、歩いて朝釣りも可能と思われ、結構楽しみです。
子供たちは海に入りたいようだけど、まだ水温も低いだろうし、天気も雨が降ったりやんだりということになりそうなので、微妙なところ。

今日はわたしは明日の自分の旅行用意や、今日の昼・夕、そして明日のそうくんの夕飯準備、このところ天気が悪くって貯まってしまった洗濯物、キルトのまつり準備(アイロンかけ→トップのカット→しつけ)、キッチンのお掃除、火曜日に出す資源ごみの用意・・・と大忙しです。
まだまだ半分も手がついておりません・・・。

さっきまでは、釣りの準備をしてました。
いつもあるかないかも調べず仕掛けをたくさん買ってしまうので、その整理と道具箱のお掃除。
仕掛けは小さいダンボールに1個くらいあって、もうごっちゃごちゃ。
↓この有り様・・・。いろんなものが出てくる、出てくる・・・。
20060715_釣具.JPG
これでも、ルアー系はまた別の箱があるので、全部ではないのです。
何とか同じ種類ごとに分けて必要なものをチョイスし、道具箱は洗って、きれいに入れ直しました。

明日、明後日、天気がよいといいな。
それを祈るのみ!
そして、あんまりできないけど、釣果があるといいな〜。
posted by Umi at 15:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

200604佐渡Cあとがき

土曜日、日曜日と今年初めての佐渡へ行ってきました。
待ちかねていた、初佐渡、そして、初釣り。
釣果には繋がりませんでしたが、久々にきれいな海を見て、波の音を聞いて、テトラポットの狭間で風をよけて、朝岩場の磯をお散歩して・・・、とっても気持ちよかったし、リフレッシュすることができました。
海にいて、自分が浄化されていくのがわかるような・・・。

宿のおやじさんも待っていてくれて、いろいろ面倒を見てくれたり、佐渡のことも何でも教えてくれるのです。
佐渡ではこうやって食べるとか、知らず知らずのうちにかなりの佐渡マニアになっていると思われます。
こどもが田舎のおばあちゃんちに遊びに行く感覚かな?
見慣れない虫取ったり、近所を探検したり、おばあちゃんたちの生活を見ておもしろいと思ったり・・・、そういう意味ではよく似てると思います。
旅行という感覚とはまた違うのですね・・・。

今日はお洗濯をしたり、病院に行ったり、釣ってきたり買ってきたりもらったりしたお魚を料ったりして過ごしています。
お仕事はお休みしたので、こんなことをしててもわたしには貴重な休日なのです。

今日は買ってきたイナダをお刺身にして、
そうくんの釣ったメバルを煮て、
いごねりを添えていただきます。
完全に佐渡の味覚です。

↓こちらがそうくんの釣った黒メバル。
どれも17cmほど。
20060422_佐渡09.JPG

わたしにしては珍しく、
4月22日 佐渡1日目
4月23日 佐渡2日目
の様子もすばやくアップいたしましたので、よろしければご覧ください。

次回の佐渡行きは6月になりそうです。
5月は近場の釣りに出かけます。

最近、いろいろストレスや不満が多いのですが、何とか場面場面で気分を切り替えてうまくやっていけるといいなぁって思ってます。
posted by Umi at 14:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

200604佐渡Bやっぱり釣れない

朝釣りは強風の中、決行。
真冬支度でも、朝の海風は強く、手がすぐにかじかんでしまう。
宿から近い、風光明媚な岩場だけど、わたしはここで釣れたためしがないし、他の人が釣り上げているところを見たこともない。
一度そうくんが中アジをばらしたのを見たくらい。
どうも釣れる気もしないので、竿を仕掛けると、浅場で磯遊び。
いろんな巻貝やいそぎんちゃくがいて、いっくら見てても飽きない。
長靴であっちこっち歩き回る。
少し離れるとどんなに大きい声で呼んでも波の音でそうくんにはその声が届かない。
こんなところで、拉致されちゃったんだろうなぁと思ったら急に不安になって竿のところへ戻る。
わたしにやる気が見られないからか、自分でアタリがないからか、早めに切り上げようということになって、宿に戻った。

暖かい朝ごはんで体を温めるも束の間、次の港を目指して宿を発つ準備。
昨夜少しいただいた、真イカの丸干しをお土産にくれた。
昨夜乾かしたがまだ乾きがたりないので、帰ったらもう少し干すようにとのこと。
↓おうちで扇風機で一晩乾かしたものがこれ。
 (この表面はしっかり乾いてるけど、少し生っぽいくらいがうまいのです。これをさっと焼いて食べたら、中のわたがとろけて最高〜!)
20060422_佐渡10.JPG
また6月に来いと言われ、必ず来ると約束。
こういうのがまたうれしい。
もう、個人的にお付き合いさせていただいている感覚。
わたしたちにとってはかけがえない佐渡の兄貴分です。

港は前日と違うポイントを選んで向かった。
ぽつぽつと釣り人がいるけど、釣り上げている様子はない。
でもまぁ、少し釣り人がいるだけでもいいということになり、早速開始。
あっという間に半日が過ぎたが、結局何のアタリもなかった・・・。
帰り際に左隣のおじいさんがカレイを1枚、右隣ででっかいホッケが1枚上がっていた。
隣って言っても、何十メートルも離れてるけど・・・。
これからがいい時間なのに、船に間に合うように帰り支度をするときはいつも後ろ髪をひかれる思いだ。

そう、今回はわたくし、ボ〜ズ!でございました。
これっていつ以来だろう。
真冬以外に一匹も上がらないって滅多にないんだけど・・・。
ま、仕方がない。

佐渡のスーパーでは魚が安いのだ。
これがわたしの楽しみにもなっている。
魚が安いんだから、釣りは道楽として捉えられ、外周には数え切れないほどの港があるので、港はいつも人が少ないのだ。
で、今回はイナダ2尾=250円、真イカの小ぶりサイズ約20匹=198円×2を選択。
他には、乾燥ワカメ、いごねりなどもお土産屋ではなくスーパーで買う。
佐渡産のキャベツやネギ、納豆なども普通の買出しも済ませてしまうのだ。

17時。
フェリーの中では熟睡。

初佐渡は釣れなかったけど、やはり楽しかったのでした。
posted by Umi at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

200604佐渡A初佐渡堪能〜

今年初の佐渡。この日を待ちに待っておりました〜。

天気予報では雨が心配されましたが、そこそこのお天気。
ただし、佐渡汽船はかなり揺れました。
年配の団体旅行客が乗り合わせていましたが、最初の喧騒も束の間、大半は船が沖に出るにつれダウンしていきました・・・。
それでも大幅な遅れはなく2時間半ちょっとで佐渡へ上陸!
去年は5回も来たけど、今年は何回になるのかなぁと思いつつ、懐かしい道路を車で走りました。
今回はまだ本格シーズンではないため12時着が始発なので、お昼はフェリーで済ませてしまい、そのまま港へ直行。
途中の道は海が視界一杯にひらける絶景ポイントが多く、飽きることがない。
本当にきれいな海。吸い込まれてしまいそう。
↓真野湾
20060422佐渡2.JPG

早速竿を下ろしましたが、お魚のいる気配なし。
ここのところの悪天候で、水温も低くなり魚の活性が落ちているよう。
手を代え品を代え狙ってみたが、一向にアタリなし〜。
7時半の日没まで粘って、最後にそうくんが黒メバルをなんとか3匹上げました。
赤ちゃんメバルも入れれば7匹ですが、小さいのはリリース。
メバルは小さいのはリリースが鉄則です。

冷えきった体で定宿へ。
みんな元気でひとまず安心。
着くのが遅くなって、逆に心配をかけてしまいました。
おみやげを渡すのもそこそこに、夕食の待ち構える大広間へ。

今日のお刺身はいつもにまして最高!!!

20060422佐渡6.JPG
蛇みたいな頭は、「マゴチ」。これが歯ごたえがあって、くせがなくとってもおいしい!
それから旬のワラサ(ブリの小さいもの。)、かながしら、サバ、真だこ、甘エビ、真ふぐ。
いつも2人前3000円でお刺身をお願いしているのですが、季節のものを出してくれるので、毎回楽しみにしているのです。

お刺身盛とともに、宿のおやじさんも自分用芋焼酎片手に現れました。
最近のお魚情報など、久々の再会に話に花が乱れ咲き。
まだめばるは早いとのことだった。5月になれば宿の下の海で、夜50匹とか釣れるらしい・・・。
他にも以前おやじさんかた紹介してもらった、趣味で自家用釣り船を持っている師匠に一緒に電話をしたり、やはり以前一緒に飲ませてもらった地元の人の話題など、話が尽きることはありません・・・。
師匠は明日から韓国へ旅行とのことで、島内にはもういなかったんだけど、6月に日が合えば船に乗せてくれるとのことで、また楽しみが増えてしまいました。

お料理も、おやじさん特製のイカ墨リゾットやほっけの一夜干、真イカの沖漬け、大きなさざえのブルゴーニュバター焼き、鮭のトマトチーズ焼き、煮物やもぞくなど、どれも地のものばかり。
ちなみにお吸い物はワラサのあらが山ほど入っていました。
ご飯は定番、佐渡の赤米入り。自家製です。
今回は前に一緒にたこを取りに行ったバイトのよしくんが作ったという、おおきな牡蠣の入った茶碗蒸しもとてもおいしかったです。

もうお腹はいっぱいなんだけど、話も尽きない・・・。
話の合間合間に特別サービスもしてくれます。

20060422佐渡8.JPG
こちらはお刺身に使ったマゴチやかながしらから取った卵を、軽く塩して焼いたものです。
価値はそこそこかもしれないけど、滅多に食べれませんよね・・・。
これが日本酒にあう!!!
わたしは節酒してましたが、これが出たときにはお猪口に1杯いってしまいましたぁ〜。
他にも今の時期に取れるという、小ぶりの真イカの丸のまま一夜干しにしたものも。
市販されているものとは柔らかくって別物〜。

宴もたけなわではありましたが、朝釣りリベンジに備え、お開きに。
また何時間も付き合って一緒に飲んでくれて、おやじさんには本当に感謝!
お風呂に入って、速攻で寝ました。


posted by Umi at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

200604佐渡@準備

いよいよ明日は佐渡です!!!
フェリーさえ欠航にならなければ。
波が5m以上だと欠航になるんですね。
昨日の天気予報では波4mとあって、危険性があったけど、上向きに修正されたので何とか大丈夫でしょう。
日曜日は雨の可能性が大ですが・・・。

本当に佐渡も釣りも久しぶり。
どちらも11月以来。
約半年のブランク。

ちょ〜っと寒そうだけど、頑張って釣るぞぉーっ!
今の時期だと、メバル、アイナメ、カレイあたり?
ルアーならまだイナダも狙えるみたい。
船じゃなくって防波堤からだから、型はよくないかもしれないけど。
明日の狙いがまだ決まってないんですが・・・、
やっぱりメバルは狙ってみたい!
あとカレイも探ってみます。
あ〜、考えただけで楽しみ。
釣り糸はそこそこに水平線のあたりをぼ〜っと眺めるだけでも気持ちいいだろうなぁ。
想像しただけで、波の音が聞こえてきそう。

民宿のおやじも元気かな〜。
いっつも何時間も一緒に飲むんだけど、今回はお刺身に専念しなきゃ〜。
でも、折角の佐渡だし、やっぱり控えめには飲みたいな〜。
話が楽しいから、いっつも長い席になってしまうんだなー。
明日の夕飯は何を出してくれるんだろう。
楽しみ〜。

思いっきり楽しんできたいと思います。
(決して釣果は期待しないでください。)

今日はパッキングで大わらわ。
明日は6時出発です。
寝不足なのに、興奮して眠れないかも〜。
でも、佐渡だから許す!

また楽しいお土産話ができるといいなぁ。



posted by Umi at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

佐渡納めA佐渡のオヤジに囲まれて

今年最後に過ごした定宿での佐渡の夜は、それにふさわしいものだった。
3ヶ月連続で通いつめたことのご褒美(?)にお刺身盛も大サービスで超豪華!
↓↓↓
200510_5.JPG
尾頭付きはイシダイ、他にびんちょうまぐろ、めじまぐろ、しめさば、あわび、甘エビ、イカ。
全て地元の新鮮なもの。
イシダイはしこしこと歯ごたえがあり、びんちょうも冷凍したものとは別物、しめさばはすごく軽く締めてあってほとんど生で甘味が感じられる。
今年はたくさんおいしいものを食べさせてもらったけど、今回も最高でした。

そして、珍しい「やがら」のお刺身も登場。
200510_6.JPG
ダイビングでヘラヤガラとか見たことがあるけど、食べるのは初めて!
佐渡でも珍しいらしい。
身は白身で少し繊維質のような感じがあり、マゴチに似ているそうだ。

他にも今回は宴会バージョンと言うことで変わった料理が並んだ。
わたしたち以外は、島民の飲み会だけだったのだ。

お酒もそこそこにお料理を堪能し、朝4時起きだったわたしたちは部屋へ下がった。
お布団を敷いて歯を磨いたところで、おかみさんが・・・。
ご主人が呼んでいるとのこと。

パジャマになってしまったが、折角佐渡納めの夜なので再び食堂へ。
そこでは主人もメンバーのムジン(佐渡ではタノムシ?)が開かれていて、趣味で深海釣りをする方を紹介された。
なんと自分で船を持っていて、週末に深海釣りを楽しんでいるという。
来年は是非乗せてもらえ、ということで顔合わせをさせてくれたのだ。
わたしたちの師匠になるかもしれない人である。
以前から話には聞いていたが、偶然かち合うことができた。

師匠はとても味のある感じ。
釣りバカのはまちゃんと、泉谷しげるを足して2で割ったようなイメージ。
自分でお魚もお料理すると言うことで、いろんな面白い話もきかせてもらった。
(内容は後日おいおいということで・・・。)

とにかく気を遣うな、と言われた。
気を遣われるのも、気を遣うのもイヤだと。
そんなことを考えるなら、釣ることに専念して欲しい、と。

趣味なのでお金は取らないと言うし、気は遣うなと言うし。
主人が船に乗せること自体、迷惑だからいいんだっちゃ!と・・・。

小あじでも後生大事に持ち帰るわたしたちが、ソイやめばるを釣ったらどんなことになるかと、主人と師匠で盛り上がっていた。
もちろん、魚拓、取るでしょ。

この夜の話では、来年の5月あたりタカナメバルを釣りに乗せてくれる、ということだ!
やったー!
師匠のケイタイも教えてもらった。
っていうか、有無を言わせず主人が教えてくれた。

それからまた師匠たちの部屋へ行って、夜遅くまで飲んでしまった。
佐渡弁に囲まれて、何だか不思議な幸福感だった。
佐渡のオヤジたちに交じって、お酒を飲むなんて1年前には夢にも思わなかったよなぁ。

でも、これで来年の佐渡の楽しみがまた一つ増えてしまったぁ〜。
船、楽しみ!!!すぎる!!!
posted by Umi at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 遊@海釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。